Entries

バングラディッシュ博士と愉快なカレー教室♪

_MG_6379_convert_20130902105529.jpg
こんにちは、さくら子です。
みなさん、以前紹介した「かとうや」さんで、
時々カレー教室が行われているのはご存知ですか??

初めて訪問した時、店内の黒板に“カレー教室やります”
という気になる告知を発見していたので、ずっとこの日を楽しみにしていました!

_MG_6330_convert_20130902105729.jpg

カレー作りの先生は、店内で柴田町の野菜販売も行っている加納さん。
約20年前にバングラディッシュの方と知り合ったことがきっかけで、
何度もバングラディッシュに足を運び、カレーの奥深さに魅せられたとのこと。
現在は、月1回は「かとうや」さんの屋外スペースを利用して、
毎回違った種類のカレー作りを教えているそうです。

この日のカレーは、インド風卵カレー!
もちろん使うスパイスはバングラディッシュのものですが、
仕上げにココナッツジュースを入れると“インド風”になるんだそうです。
簡単に作り方をメモします!

①最初に油を敷いたフライパンにターメリックを入れ、
 その後ゆで卵を入れてオレンジ色に変わるまで炒めたら卵を取り出します。
_MG_6336_convert_20130902112142.jpg _MG_6339_convert_20130902112325.jpg

②もう一度フライパンに油を敷いて、玉ねぎ(この日は加納さんが家で蒸してきたもの)と
 すりおろしたニンニクを炒めたら、ターメリック・クミン・コリアンダーを
 小さじ1くらいずつ入れてまた炒めます。
_MG_6348_convert_20130902112622.jpg _MG_6354_convert_20130902112742.jpg

③スパイスの香りが出てきたら、すりおろしたトマト1個分とココナッツジュースを入れて、
 グツグツと火が通ってきたら塩で味を調えます。
_MG_6356_convert_20130902112938.jpg _MG_6366_convert_20130902113107.jpg

④一度火を消して①の卵をフライパンに戻し、包丁で卵を半分に切ります。
 すべての卵を切り終わったら、火を点けて温めたら完成!簡単!
_MG_6374_convert_20130902113303.jpg

ちなみに、一度スパイスを入れたら、後から絶対に追加しないのがコツ。
途中でスパイスを足したりすると、苦くなって美味しくなくなるそうです。

_MG_6395_convert_20130902113441.jpg
このインド風卵カレーのほかにも、加納さんが自宅で作ってきてくださった
ベーコンとじゃがいものグリーンカレーも一緒に試食!
写真のナンは、ここでパンの販売を行っている「HO-RI PAN」さんのものです。

卵カレーは、甘みがあって食べやすく、子供も好きそうな味。
カレー教室には15名ほどの人が参加していましたが、大好評でした!
作り方も簡単で20分程度で完成したので、今度家でも作ってみたいと思います。
グリーンカレーもふわふわのナンも美味しくいただきましたよ!

食後には、バングラディッシュの茶葉やスパイスを煮出したマサラティーもご馳走になり、
チャイ好きの私はおかわりまでさせてもらって、最後は体がぽかぽか!
加納さんの話す豆知識や楽しいおしゃべりに、ついつい長居してしまいました。

美味しいパンや野菜などが購入できる「かとうや」さんに足を運んだら、
みなさんもカレー教室の日程をチェックしてみてはいかがですか?

====================
「かとうや」

所在地: 宮城県柴田郡柴田町槻木下町3-2-4
TEL: 0224-66-3253
営業時間: 11:30~15:00
定休日: 月曜日
====================


より大きな地図で かとうや を表示

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://shibataodekake.blog.fc2.com/tb.php/31-9725ae93
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Appendix

プロフィール

ゆず子さくら子

Author:ゆず子さくら子
2人の女子が「発見!」をテーマに、柴田町の旬な情報・グルメ、不思議なものなどを紹介するブログです。
●ゆず子
 カメラ担当。こけしのような風貌。
●さくら子
 レポート担当。地平線のような前髪。

最新記事

リンク集

  • Shibata Experience

検索フォーム

RSSリンクの表示