Entries

「円龍寺」に安置される13体の指定文化財!

20140129+円龍寺06_convert_20140204135656

こんにちは!さくら子です
先日、柴田町で400年以上続く「円龍寺」というお寺に行ってきました。
こちらには、昭和31年に宮城県の文化財に指定された
貴重な木造像が安置されているんです

お寺の方に案内していただき、木造像が安置されているという
薬師堂の扉を開けていただくと・・・どーん
20140129+円龍寺13_convert_20140204135716
小さなお堂の中に現れた文化財の“薬師如来像”と“十二神将立像”。
十二神将立像は薬師の分身となって十二の時と方角を守っている神だそうで、
腕が欠けたりしているものもありますが、表情や姿に迫力が感じられます

これらはもともと目蓮寺薬師堂に安置されていましたが、
明治41年に円龍寺に移されたとのこと。
十二神将の1体の背中には応永二十二年と書かれているので、
600年も前に制作されたものなんですよ~

20140129+円龍寺26_convert_20140204140436
お堂には、まだまだ貴重な品がたくさん
こちらは薬師如来像や十二神将立像と同じ木造の“日天像”と“月天像”。
しかし、昔この地に病気が流行った時、病魔を払うために
像を紐でくくり、引きずって祈ったそうです
もう原形が残っていないだけに、村人の信仰の厚さが伺えます。

20140129+円龍寺30_convert_20140204140502
そしてこれは、池の中から出てきたという不動明王像や刀の数々
こちらはもっと古く1000年以上前のものになるそうで、
お寺の方の話によると、韓国から持ってこられた由来がありそうとのことでした。
他にも、添い寝すると子宝に恵まれると伝えられる木彫りの人形など、
普段お目にかかれないものをたくさん見せていただき、
歴史の課外授業を受けているような気分でした

20140129+円龍寺04_convert_20140204140409
円龍寺の山門の側には立派なサルスベリの木もあり、なんと樹齢300年
境内には大きなシダレザクラもあり、
花が咲く頃また伺いたいなと思います


大きな地図で見る

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://shibataodekake.blog.fc2.com/tb.php/136-ff2760a4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Appendix

プロフィール

ゆず子さくら子

Author:ゆず子さくら子
2人の女子が「発見!」をテーマに、柴田町の旬な情報・グルメ、不思議なものなどを紹介するブログです。
●ゆず子
 カメラ担当。こけしのような風貌。
●さくら子
 レポート担当。地平線のような前髪。

最新記事

リンク集

  • Shibata Experience

検索フォーム

RSSリンクの表示