Entries

こけしと釜神様の合同展を観てきました!

_MG_4382_convert_20140108103002.jpg

こんにちは、ゆず子です
昨日さくら子が書いていた通り、「こけしと釜神様の合同展」に行って来ました!
こけしのような風貌のゆず子のようなこけしがたくさんありました

こけし製作者の千葉正治久さんは、元自衛官の方だそうで、
元々実家がこけしを作っていたため、退官してからこけし作りを始めたようです。
毎年白石で行われる全国こけしコンクールにも、30本のこけしを従えて出品予定とのこと
このコンクールでは創作こけしの部で賞をとったこともある本格こけし職人さんです

_MG_4383_convert_20140108104312.jpg _MG_4391_convert_20140108105022.jpg

元自衛官というだけあって、なんとこけしも自衛官!
自衛官の恰好をしているのに女性の顔がこけしのまんまというところと、
セクシーなくびれ(トップ写真)と、ちょこんと載せた帽子が愛おしいです

実は以前何かのブログでこの自衛官こけしを見ていて、
こけしファンのゆず子は一目見ることをずっと夢見ていたのです
この自衛官シリーズはそれぞれ30cm、24cm、15cmというサイズに分かれています。


_MG_4387_convert_20140108103117.jpg
 
_MG_4385_convert_20140108103051.jpg

他にもかわいいこけしたちが展示されていて感激!
近々、千葉さんご本人の取材も実現したらいいな~と思っています!


そして一緒に展示している釜神様は中島陸朗さんという方が作られました。
火は古来、信仰の対象であり、人々は火を扱う釜(かまど)を大切にし、
炉や釜の近くに神棚を設け、祀っていました。
釜神様の面は、宮城・岩手の一部に古くから伝わってきたもので、
新築祝いに大工が建築主へ送っていたのもなのだそう。


_MG_4400_convert_20140108110448.jpg _MG_4405_convert_20140108110517.jpg

中島さんは元大工の方だそうで、それがこの釜神様を作るきっかけなのかな?
趣味で2年前から制作を始め、釜神様の面はけやきと桜の木を材料に、
手彫りで作成しているとのこと
釜神様を今まで拝見したことがなかったので、その迫力に圧倒されました!
怖い顔をしているのに、暖かみを感じるのは中島さんの心がこもっているからでしょうか

今回こんなに素晴らしい2人の職人技に触れることができて嬉しい

「こけしと釜神様の合同展」は、
イオンタウン柴田内のまちづくり推進センター“ゆる・ぷら”で、
1月7日(火)~1月19日(日)まで見ることができます!



大きな地図で見る

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://shibataodekake.blog.fc2.com/tb.php/115-8a0676d1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Appendix

プロフィール

ゆず子さくら子

Author:ゆず子さくら子
2人の女子が「発見!」をテーマに、柴田町の旬な情報・グルメ、不思議なものなどを紹介するブログです。
●ゆず子
 カメラ担当。こけしのような風貌。
●さくら子
 レポート担当。地平線のような前髪。

最新記事

リンク集

  • Shibata Experience

検索フォーム

RSSリンクの表示